スポンサーサイト

  • 2012.12.04 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


PCスピーカー壊れる

 半年くらいまえに一度、ヘッドホンを抜いた後に音が出なくなるという謎の症状に見舞われたパソコン用のスピーカー

10年近く前に奮発して買っちゃったBOSEのスピーカーなので、音が良い。
とっても大事にして〜た〜のに〜
壊れて出ない音〜が〜ある〜

どころじゃなく、ヘッドホンを挿せば聞くことはできるけど……という、ヘッドホンアンプ状態。


安いやつ買おうと思ったけど、今の音質からグレード落としたらガッカリするのは間違いない


とりあえず、悪くなさそうなので、これ↓行ってみよう

Nexus7 32GB版 未だ届かず

今までのお話
「11/1の夜に物欲が急激に高まり、GooglePlayでNexus7を購入してしまったワタシ。しかも、迂闊なことに、住所も氏名も漢字で入力して注文してしまった。ネットの噂通りなら、当分荷物は届かないのか……」


 Nov 3, 2012 13:00
輸送中/処理中
NARITA-SHI JP最終的な配達を行なう認可済み業者に委託


ってのがFedExの荷物追跡の最後の内容。ここから国内配送業者の西武運輸にバトンタッチってことかと思ってたら、


11/04 13:58 受付 1 千葉貨物センター


今日、ようやく更新された西武運輸の荷物追跡。待て待て待て、昨日の午後に「委託」ってなってるけど、実際の受付は24時間後なの?土日だし祝日も絡んでたから遅れてるのかねぇ

そもそもなんで西武運輸?普通にヤマトとかペリカンとかと契約しなさいよ。まあ、コストの問題だろうけどさ。最悪、佐川でも。いや、佐川はマズイか

ともかく、11/1の夜に頼んで、今、千葉から秋田の間の何処かまで来てるんだから順調な方じゃないかと

野菜作ってます

現在、野菜を作ってる。
家庭菜園ではない、職業として、野菜を作ってる。

何考えてるんだろうねぇ、我ながら

急に農業をやりたくなったのだ。

前から、ずーっと出来る仕事をしたいと思って探していたのだが、
そう簡単に見つかるわけでもなく、自堕落な生活を続けていた。

ある日の午後、メッチャ揺れた。実家の二階にいたのだが、揺れる揺れる。
揺れの大きさもすごかったけど、揺れてる時間が長かった。
もうダメかとちょっとだけ思った。思ったどころか「まだかよ〜」と棚を抑えながら愚痴ってた。

なんとか揺れが収まったので、家の中を見まわってみたが、二階が揺れただけで一階は大したことなかったようで、皿1枚割れていなかった。


やれやれと思って、テレビをつけたら……

生中継で津波が仙台空港周辺に襲いかかるところを呆然と見た。



その後はいろんな情報に一喜一憂。仙石線が壊滅と聞けば、仙石線沿線の知り合いの安否にドキドキした(全員、無事だった)。仙台市沿岸部も津波被害で大変。福島なんか原発だぜ。

面接受けて採用通知もらったけど断った郡山の酒屋さん、郡山に住んでるはずの大学時のバイト仲間。大学の同期で福島で教員やってる奴もいたはず。


元気に生きているだけでも幸せなのに、ナニやってんだろうなぁ、俺

一生続けられる仕事を探すとか言うてる割に、ダラダラしてる

さすがのアホも立ち上がりました。
「ボランティアだの寄付だのは、行政の怠慢の結果」という鬼みたいな信条の人間なので、本格的に仕事を探して、職につくことにしました。デイトレとか、もうどうでも良い。

といいつも、活動資金は必要なので、しばらく頑張って、最低限のお金だけ作りました。

そうして、いろいろ、職探しをした結果、たどり着いたのが「農業」でした。
地元で始めると甘えが出ちゃうと思ったので、例によって転居。
縁もゆかりもない土地で、農業研修を始めましたとさ

なぜ農業をやろうと思ったのか?という質問を何度もされますが、恥ずかしいので、テキトーにのらりくらりと返答しています。


今期のドラマ

 二本だけ続けて見ている

「DOCTORS」
「僕とスターの99日」

他にも「謎解きはディナーのあとで」と「家政婦のミタ」を録画してあるが、全然見ていない。一応、ミステリー要素のあるドラマなので、いつか見ると思って残してあるのだが、なんか見ない気がする。

ともかく、毎週、見ているのは二本だけだ



「DOCTORS」

沢村一樹演じる外科医が、どうしようもない病院をコッソリと暗躍しながら立て直していくドラマ。表面上は優しくて穏やかそうなのだが、様々な交渉術や根回し、おだてたり、そそのかしたり、ま〜、色々やる。医療ドラマなのだろうけど、会社内での大人の振る舞いについて勉強させられると言うか、なんつーか、凄い内容。

外科医が天才的なメスさばきで難オペを成功させるという、ありがちなパターンかと思って見始めたら、良い意味で裏切られました。


「僕とスターの99日」

しがない警備会社のバイトと韓国スター女優の恋愛ドラマ
大ヒット映画「ボディガード」じゃん、結局。と言ってしまうと、身も蓋もないけど、まぁ、あんなもんだ。ベッタベタの豪速球ど真ん中の恋愛ドラマである。

ひねくりまわして、変わったことをやろうとするあまり、人物設定が特殊になりすぎた最近の日本のドラマの真逆。まさに、韓流ドラマ的な明快さ。見てて、判りやすいし、展開も読めちゃうんだけど、それが良いんだなぁ

面倒くさいこと考えなくて良い。たまには、こんな王道ラブストーリーも良いと思う。


二本とも、視聴率はボチボチ
「DOCTORS」は15%くらいなので普通だと思うけど、「僕とスターの99日」は9%くらい10%切ってます。日曜9時の枠は「マルモ」は数字良かったけど、「イケメンパラダイス」はドン底。イケパラに比べれたらマシな数字だとはいえ9%はなぁ……

あ、そーか、「ボディガード」っつーたけど、「スタアの恋」なんだ、これ
しがないサンマルコハムの社員とスター女優の恋愛ドラマ

な〜んだ、そうか。ワタシ、このパターンが好きなんだわ


七人の侍  土屋嘉男が格好良くて泣けた

 JUGEMテーマ:映画

七人の侍

言わずと知れた(一回使ってみたかった)、黒澤明の代表作
見たことがなかったのですが、遂に見てしまった。

見ちゃいないけど、それなりの知識は入っていたわけで、「スターウォーズ」の元ネタだとか、野武士対策のために村が七人の侍を雇って野武士をやっつけるお話とか、もう大体判ってるって〜、くらいに思ってました。見た気になってるのと、見たことがあるのは、全然違いますね。


まず、上映時間に気がついてビックリ。3時間半だぜ、アホか

そもそも、なんで侍を雇うんだ?野武士対策なのは判るけど、襲われた後で雇っても手遅れじゃん。という基本的な謎も、見たら一発。誰も問題にしない訳だ、そこんところ。納得。

侍は7人じゃなかった。うーむ、見ないとわかりませんね。

真ん中あたりで五分休憩が入る。「休憩」って出る。衝撃的だった。

野武士集団がただの暴力装置で単なるモノ。

ぜんぜん長く感じない。恐ろしいことに、中ダレしない。グイグイ見ちゃってるうちに終わる。

あんまり楽しい感じで終わらない。これもビックリ。


なんつーか、面白い以外の感想が出ない。
細かい事言い始めたらキリがないけど、泣けるし、笑えるし、ハラハラどきどきするし、娯楽映画として素晴らしい。もう、それでいいじゃない。見たい人は見ればいいし、見たくない人は見ないまま死ねばいい。

百姓の利吉(土屋嘉男)が、嫁と再会するところが泣けた。
あと侍の久蔵。この人の剣客っぷりにドキドキしちゃった。



この頃からすでに志田未来は微妙になっていたのか

 JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

ドリーム☆アゲイン


見た、見てやったよ、全話。

数日前、映画『天国から来たチャンピオン』を見たのですが、そーいえば、反町隆史が野球選手のパクリドラマがあったなと思い出しました。当時、ちょっとだけ見て、なんじゃこりゃ、そのまんまじゃんと思って、見るのやめたのでしたが、今回、映画を見た勢いで、見ることにしました。

第1話:主人公、小木駿介(反町隆史)死亡。案内人(田中)はアタック25司会者こと児玉清。やっぱり天国の手違いで生き返ることになる。そして、映画と同じく大金持ち、朝比奈孝也の身体に入る。隠し子が登場するのがせめてもオリジナル要素。小木の時に付き合っていたフィアンセが登場(加藤あい)するが、敵対的M&Aに関して対立する弁護士という設定。対立する女性と恋に落ちるっていうところ、モロパクリ。

第2話:ファンド社長という設定だがファンドの話がフレーバー程度。隠し子の雛(志田未来)との関係もあっさり同居。じゃあ、野球選手になる話に全力を尽くすのかと思えば、そーでもない。

第3話:雛が血がつながってないって事もなく、ほんとに実の親子。ハッキングで会社のシステムに打撃を与えるところまでは面白かったけど、最後に「全部売ってやる」ってあたり、脚本家が株とかの知識ゼロなんだろうなというのが透けて見えてきてガックリ。巨人のコーチ健造さん(渡辺哲)がコーチ料3千万円をふっかけてきた。賭博?手術料?

第4話:すっかり雛との生活安定。雛が心臓を押さえたのはこの回か?どっちにしろ、心臓病フラグ立つ。染料会社のM&A問題決着。出資者の前で説明するがペラペラすぎる説明で納得できない。会社の部下の熊田、裏切りフラグも立つ。立つんだけど、どーみても、裏切り失敗して、結局、朝比奈に許されて泣きながら謝る未来が透けて見える。

第5話:さっぱり、野球の話が出てこない。ファンド社長で大金持ち設定だけど地味で質素。あんまりどころか全然、華がない。これは視聴率悪かったんだろうなと思いながら見る。

第6話:出資者の陰謀で熊田が裏切る。脱税容疑で朝比奈逮捕。が、あっさり、解決。案の定、熊田、泣いて謝って、めでたしめでたし。やたらと雛が達観してるのが気になる。口癖が「人生は短いんです」こんな中2いねーよ。いまどき、ゆとり全開だろ。

第7話:さつき(加藤あい)と健造(渡辺哲)が、朝比奈の中の人に感づき始める。他人にバレると身体が消えて行くらしいが、今回限り。この先最終回まで、消えるはずの場面で消えない。

第8話:心臓病フラグの雛、てっきり成功率の低い手術のパターンだと思っていたら、手遅れのパターン。余命一ヶ月、ですか、そうですか。

最初が隠し子、次が会社、フィアンセ問題、プロテスト、心臓病、と次から次へと問題発生させるけど、よーく見ると、隠し子と病気以外は『天国から来たチャンピオン』と同じ。
野球の話はたいして出てこないし、ファンド社長的な話もさっぱり出てこないし、大金持ちエピソードみたいな話もないし、設定の面白さを一切生かさずに、フツーのドラマになってるというのは逆に凄いのか?

で、このあとは、病気に負けるな〜、プロテストがんばるぞ〜、的に話が進み。プロテストの日に雛が発作を起こして入院。プロテストに行けと雛に言われて、行くっていうベタな展開。もちろんプロテストは合格です。そして、雛の寿命も尽きるのでした。

こういうラストだったら、受け入れてもよかった。
実際は違うラストになります。ラストを見た私の率直な感想。


仮面ライダー龍騎かいっ、ばっかやろ〜、俺の時間返せ


ウォーレン・ビーティ?ビューティ?ベイティ?

 JUGEMテーマ:映画

天国から来たチャンピオン  HEAVEN CAN WAIT

忍者ツールズのアクセスログを見ていたら、映画「天国から来たチャンピオン」のラストシーン、で検索した人がいた。この映画の事を書いた覚えがないので、なんでだろうと思って見てみたら、数年前に反町隆史が主演したドラマについてディスってました。あまりにも、この映画にソックリなのに、原作・原案表記がなかったので、「こりゃ、ひどい」と思って書いた、書いた。

この映画のDVDは買った時に一回見て、その後2003年にもう一回見ただけ。あいかわらずコストパフォーマンスの悪い買い物してますね。音楽と違って、映像はそんなに繰り返し視聴しないもんなぁ。じゃあ、音楽モノのDVDなら?やっぱり、見てません。目も耳も拘束されるのって大変です。


初めてこの映画を見たのはテレビの映画劇場です。日曜の夜に見たので、たぶん、日曜洋画劇場だったんだと思います。1978年作品がテレビで放映されたとすると、まあ、80年代前半だろうと思います。最初から見たんじゃなくて、主人公が死亡後に中継駅連れてこられたところから見たっていうのは、なぜかガッツリ覚えています。


プロのアメフト選手の主人公ジョー・ペンドルトン(ウォーレン・ビーティ)は、自転車に乗っている時に事故にあってしまいます。すると雲の上のようなところを謎の男に連れられて歩いていることに気が付きます。そこは、人が死んだ後に行く「終点」まで死者を運ぶ飛行機の「中継駅」と呼ばれる場所だったのです。男は死者を中継駅まで連れてくる案内人でした。

なんでそんな所に連れてこられたのか判らないジョーはナニカの手違いに違いないと主張します。たしかに、他の死者は素直に飛行機に乗るための列に並んでおり、疑問を持っている様子はありません。この辺、よく出来ています。

なぜ、ジョーだけ従わないのか?ホントに手違いだったからです。ジョーを連れてくるのが初仕事だった案内人は、「なんかもう絶対死ぬって思ったから」という思い込みで、事故直前にジョーを連れてきてしまったのでした。ジョーの本当の死亡日時は2025年であり、50年くらい残っているのでした。そのため、ジョーを現世に戻すことになったのですが、すでに身体は火葬されてしまって灰になっていたのでした。身体がないと現世には戻れないのです。

そこでジョーのために選ばれた新しい身体が、大富豪ファーンズワースの身体だったのです。



天使って事なんでしょうけど、あくまで案内人です。案内人のスタイルはスーツにネクタイのビジネススタイルです。いまなら、MIB風なんでしょうけど、78年の映画なのでビジネススタイルです。

SF・オカルト要素を取り入れてますけど、取り立てて派手な演出もないし、地味なコメディです。くっだらない設定だと言われたら、そりゃ、その通りなんですけど、私の一番好きな映画なんです。


アメリカンフットボールは、日本じゃほとんど馴染みがないスポーツです。テレビ中継を前提にして考えられたルールを持つアメリカの商業スポーツです。アメリカ人は、みんな大好き。FBIが手配中の逃亡犯に偽の「スーパーボールの観戦ご招待通知」を発送すると、逃亡犯がホイホイやってくるくらいの一大イベント。そのアメフト選手が主人公の映画です。だから、反町隆史のドラマで野球に置き換えられていたのは正しいんです。日本じゃ、やっぱり野球ですもん。

アメフトのルールが分からないと見られない映画ってわけじゃありません。試合シーンはありますが、正直、ざっくりした試合シーンがチョットあるだけです。まあ、主人公のポジション、クォーターバック(QB)が攻撃の司令塔で、相手チームの陣形を判断し、戦術を決定する、重要なポジションだというくらい、なんとなーく頭に入っていれば判りやすいかも、程度。なーんにも知らないで見た子が、いまでもオールタイムベストだと言うくらいですから、大丈夫、大丈夫。よかったら、ナニカのついでにレンタルしてみてください。損はさせません。


8年ぶりに見たら、101分しかないから、あっという間に見終わってしまった。こりゃ、引き伸ばす余地ありますね。大富豪がプロチームに挑戦するところとか、実際に試合に出場させてみたりするだけでも、けっこう時間使いますね。そーか、それで、土9ドラマにしたのか。

認めねーけどなっ

いいえ、あなたは病気です

 JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

陽はまた昇る  第3話

まずは三浦春馬が教室で佐藤浩市に射殺されるところから始まる。
古典的な夢オチだけど、学生あるあるって感じで(射殺はねーけど)面白す。
わたしも遅刻、赤点、落第などの夢を見て汗ビッショリってこと、ありました。

今回のお話は、拳銃

拳銃訓練スタートな訳ですけど、あいかわらず、三浦春馬たち遊んでます。
そして、なんかだんだん怪しくなってきた真矢みき
この人がエラい警官やってると『踊る』の監理官を思い出してしまう。

拳銃にビビったデブが教官たちに重厚を向けたところでタイトル
どーいう顛末でケリがついたのか非常に気になる


実際の警察学校ってどんな感じなんだろうと思う。
各人の銃の構え方がバラバラだったんだけど、ちゃんと説明しないもんなのかねぇ
謎だわ〜

てな感じで、恐怖心の克服ってことで話が進むのかと思ったら、空薬莢紛失事件発生。
え〜、そっち?

三浦春馬の作ったダンボールの拳銃は作っただけで終わってしまった。

射撃大会第三位の真面目な姿勢の理由が明かされました。
父が殉職警官でした。
それで射撃部に所属していたっていうのも、なんかちょっと、アレですけど、まあ、いいか。


警察っぽい小道具とか背景で粉飾されてますけど、学園ドラマとしてよくできているのかもしれません。なんだかよく分からないけど、見ていて飽きないし、面白い。なんだ、このドラマ


結局、空薬莢をパクっていたのは、警察オタク君というオチで。処分は外出禁止。


真矢みき、惚れるのかと思ったら、ホントに惚れる設定か〜
胸が重苦しくて熱っぽい、ってこれじゃ、オードリーのオールナイトニッポンの「これって恋ですか?」コーナーじゃないかっ
YOUがいい味出してたけどさ

今週の斉藤由貴さん
逃亡中。拳銃強奪事件が起こったけど無関係。発熱により体調不調発覚。


すべての決定権は保護者にあります

 JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

絶対零度 〜特殊犯罪潜入捜査〜  第4話


名門小学校で密かに連続して発生している誘拐事件の解決。
校内の花壇の植替えをする園芸業者として潜入するのですが、今回、主人公がサッパリ活躍しませんの巻だったので、エラいダメっぷりでした。潜入身分の暗記はできてないし、命令は聞かないし、判断甘いし、ミス連発。

仕事にチョット慣れてきた人あるある。

「命令を聞かずに自分で判断しちゃうけど間違ってました。」

職員室の資料盗み撮りのような基本はできてるのも、あるあるっぽくて良かったです。


主人公の成長を描くドラマでたまにある「主人公失敗から学ぶ」なんですけど、ここまでガッチリ失敗して終わるのも珍しいのでは?だいたい、残り10分までに失敗して、反省して、挽回して、結果オーライになるんですけどね……今回は、主人公は失敗していたけど、先輩がカバーしていて事件解決でした。OJTでしたね。新人育ててます感が漲ってました。


そして、毎回お約束になってますが、最後に黒幕が登場して、レアメタル相場の相場操縦による高値売り抜けで利益を得ていたのが判る。三峰くんのお父さんをコッソリ脅してたんでしょうね。

誘拐実行犯二人が犯人 - からの - 実は学園長が真犯人 - からの-黒幕

図にするとこうなる三段構えでした。


そして、ルーキーズ君こと桐谷健太演ずる瀧河刑事のフラグに新展開。
脳に異常がある人っぽい演技してました。
そっか〜病気か、病気の設定か。
殉職じゃない可能性が出てきました。


セキュリティで保護されたwebページコンテンツのみ表示しますか?

 JUGEMテーマ:インターネット

多少不便なところもあるけれど(JUGEMが対応してない)、表示の速さがブッチギリなのでGoogleChromeを使っています。嫌気が差したこともありました、XPの挙動がおかしかったこともあります、日本語変換との相性の問題が出たこともありました、でも、Google Chromeを使っています。

だけど、どーしても、IE8を使わざるをえないこともあります。
Microsoft updateとか。他にも、アプリケーションから呼び出されるクライアントがIEに設定されてるやつとか、急に起ち上がられたら、面倒なのでそのまま使います。

するとね、出るんですよ

セキュリティで保護されたwebページコンテンツのみ表示しますか

この表示が。
ネチネチと。

「いいえ」を押しながら作業を終えてたんです。が、めったにつかわないIE8だとしても、いい加減にうっとおしいので、対応。

「ツール」-「インターネットオプション」-「セキュリティ」-「レベルのカスタマイズ」と進みます。
カスタマイズするのはインターネットですよ。
で、大量の項目が出てくるのでウンザリするのですが、我慢してだいぶ下の方まで見ていきます。
するってぇと、「混在したコンテンツを表示する」というのが見つかりますので「有効にする」に変更。
これでオッケー

セキュリティを重視してのことで悪気はないのでしょうが、不便さマックス
だからIEから人が離れるんだってばよ
IE9でxpが見放されたと思ったら、IE10でvistaも見放されんのな


calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
カウンター
ブログパーツUL5
NINJA TOOLS
ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
忍者サイトマスター
BossaBooks
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 漁師町にはデッカイ家がイッパイありますよ。
    とほほ (07/16)
  • 漁師町にはデッカイ家がイッパイありますよ。
    ととと (07/15)
recent trackback
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM