スポンサーサイト

  • 2012.12.04 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


久しぶりに田中啓文を読む

 JUGEMテーマ:最近読んだ本

田中啓文 『ミミズからの伝言』 角川ホラー文庫


久しぶりに高速バス移動したのですが、ラジオを録音したものを聞こうと思っていたために、本を持たずに出かけてしまいました。mp3をたっぷり入れていたのでバスの中でのお楽しみは十分だったのですが、なんとなく落ち着かない。

というわけで、現地で見かけたブックオフで105円で購入。帰り道に読んだのかといえば、読みはしなかったのですが、気休めというか癖ですね。


帰宅早々、読みました『ミミズからの伝言』
田中啓文の本は5年くらいご無沙汰だったのですが、やっぱ、面白い。

基本、グチャグチャのデロデロのベチョベチョ
救いのない陰々滅々
読んでて、オエェ~~~~~~
そして、どーでもいい駄洒落

ホラーギャグ?

だが、不思議と読みやすい

そしてワタシはこの人の本が好きでした。(なんせ5年読んでなかったので、一応、過去形)


短篇集で、7本収録。手軽にツルツルっと読めます。

表題作『ミミズからの伝言』
もうね、メチャクチャです。ただただ、気色悪い。
そのくせ、数通の携帯メールで成り立っているという体裁は、ジャン・ミッシェル トリュオン『禁断のクローン人間』を思わせる。と、言いたいところですが、短編で短いし、一方通行のメールが数通だけなので、あんなに壮大な物語ではありません。

ミミズが気持ち悪い、もう、それだけの話

『見るなの本』
真面目。たまに魔が刺すのか、こういう作品があります。

『兎肉』
田中啓文からなんらかの教訓を得ようと思ってはいけない。もっともらしい作品

『秋子とアキヒコ』
穿った見方をしながら読み進めていったところで、田中啓文はその斜め上を行くことを端的に示した作品。人としての本質の差を感じられる。うそ

『牡蠣喰う客』
脳高速を思い出した。たぶん調理シーンが書きたかっただけだと思う。グジュグジュのネチャネチャ

『赤ちゃんはまだ?』
でーーいっ

『糞臭の村』
この人はアホです


この本買って、気持ち悪くなったり、不愉快になったからといって、ワタシにクレームを言われても困ります。すべて、作者に言ってください。真面目な本が読みたい人は読むな。田中啓文を読まなくても人生の半分を損したりしません、むしろ、無駄に時間を浪費しなかった分だけ有意義な人生を送れると思います。

かといって読書習慣がない人に、難しくないから読んでみろっていうのもなぁ。こんなん読んだらアカンて。

ホラー好きの人って、田中啓文をどう思ってるんだろ。SFファンは?ミステリー好きは?私のようになんでも無節操に読む人間には、非常に良い暇つぶしです。間違ってもリアルで他人に「私の好きな作家は田中啓文です」なんて言えませんけどね。社会的に抹殺されたくないので隠れファンということで


ドラクエブログ終了

もともとのアカウントでやっていた、ドラクエ9のブログを終了した。
理由は簡単、ソフマップで売り飛ばしたから。3600円なり。


なんか、もう、さすがに、ダラダラと続く状況に飽きてしまった。盗賊+5とかにもなると、ただの、ストーリー確認ゲームになってしまった。

アギロさんがドラゴンということは、ガングロ天使のサンディも正体はドラゴンかなぁ、という点だけは気になっているけれど、まぁ、どうでもいいちゃ、どうでもいい。


ついでに、本屋に寄る。

椹野道流(ふしの みちる)の鬼籍通覧シリーズの最新刊発見。出てたのかよ。奥付見たら、「2008年6月5日」になっていた。一年以上前だ。ノベルスコーナーのチェックとかしてなかったとはいえ、不覚。しかも、初版本で、ヤスリ本じゃなかった。どんだけ人気ねーんだよ。

椹野道流 / 亡羊の嘆

まだ、読んでいないが、楽しみだ。あとがき見たら、4年ぶりだって。



そして、さらに、驚いたのが、菊地秀行の魔界都市新宿のシリーズ3弾も発売されていた。これまた、去年。ぐへ〜。前作『魔宮バビロン』が1988年発売だから、20年ぶり。チラッと立ち読みしてきたけど、前作から2ヵ月後の設定だった。むちゃくちゃだなぁ。『魔界都市新宿』から『魔宮バビロン』の間が5ヶ月だったから、シリーズ当初から7ヶ月しか進んでいない事になる。ちなみに、『魔界都市新宿』は1982年発売。

設定年代が、203X年だから、まだ先。問題はないのだ。でも、都庁がなかったりするんだけどな。気にしてはイケナイ。ノベルスコーナーに菊地秀行の作品がけっこう並んでいたので、まだ、がんばっているのは判った。さすがに買う気はしないけど。今回の、シリーズ3作目も、残念ながらパスさせていただいた。

押入れから発掘した、トレジャーハンターシリーズとか、妖神グルメなんかを大事にしますので、勘弁してください。ちなみに、『エイリアン秘宝街』『インベーダー・サマー』『風の名はアムネジア』は、いまだにオールタイムベストです。


えぇ、誰がなんと言おうと、朝日ソノラマっ子ですよ。

本を買いました。



金曜日に御徒町の明正堂書店で本を買う。


高田崇史「QED 鬼の城伝説」講談社ノベルス


森博嗣「奥様はネットワーカ」講談社ノベルス


太田忠司「さよならの殺人1980」祥伝社文庫


福井晴敏「終戦のローレライ1」「終戦のローレライ2」講談社文庫


若竹七海「死んでも治らない」光文社文庫


香納諒一「アウトロー」祥伝社文庫


松尾由美「ピピネラ」講談社文庫


野村宏平「ミステリーファンのための古書店ガイド」光文社文庫








なんて今月は収穫の多い月でしょう。


これだけ出てくれると「幸せーーーーっ。」って顔がほころびます。


いや、マジで。


まだ「QED」しか手を付けていませんが、軽く説明。


「QED」シリーズは、現在の殺人事件と歴史上の謎解きを絡ませながら話が進むというのがお決まりのパターンです。高木彬光とか色んな人がこの手の作品を発表していますが、高田崇史の凄いのは、このパターンばっかりなこと。もちろん他のシリーズも書いてはいますが。


森博嗣。論理的なミステリーを読ませてくれるので大好きですね。そして、科学的でもあります。職業柄でしょうけど。たしか、大学の先生のはず。現代の科学で可能なことはトリックに取り入れちゃうので、ミステリーといえば針と糸で密室を作るもの、とか思っている人には良い薬かもしれません。


太田忠司。少年探偵団みたいなシリーズはさすがにパスしたんですが、新しいのが出てると買いますね。乾いた文体でサラッと読める。


福井晴敏。「ローレライ」文庫キター。デビュー作からの「ダイスもの」(もしくは「G事案もの」)が物語として非常に面白いので、「ローレライ」にも期待大。映画?観ない、観ない。どーせなぁ・・・・・。


若竹七海。光文社文庫から出る若竹七海の作品は、笑えるんだけど時々怖い。この人は東京創元社から出てきた人なのですが、読みやすくて面白いのに実は物語が緻密に組み立てられています。毎回、どう驚かされるのだろうと楽しみです。


香納諒一。えぇ、もう、ハードボイルドですけん。ハードボイルドは好き嫌いの問題だと思いますので、多くは語りません。


松尾由美。早川文庫から出た「バルーンタウンの殺人」を読んだときは驚いたっけ。早川文庫はときどき「柾 悟郎/ヴィーナス・シティ」とか何だか非常に稀有なミステリーがSF枠から出てくるので油断ができません。


古書店ガイドはなんとなく買っちゃいました。




calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
sponsored links
カウンター
ブログパーツUL5
NINJA TOOLS
ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
忍者サイトマスター
BossaBooks
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM