<< この頃からすでに志田未来は微妙になっていたのか | main | 今期のドラマ >>

スポンサーサイト

  • 2012.12.04 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


七人の侍  土屋嘉男が格好良くて泣けた

 JUGEMテーマ:映画

七人の侍

言わずと知れた(一回使ってみたかった)、黒澤明の代表作
見たことがなかったのですが、遂に見てしまった。

見ちゃいないけど、それなりの知識は入っていたわけで、「スターウォーズ」の元ネタだとか、野武士対策のために村が七人の侍を雇って野武士をやっつけるお話とか、もう大体判ってるって〜、くらいに思ってました。見た気になってるのと、見たことがあるのは、全然違いますね。


まず、上映時間に気がついてビックリ。3時間半だぜ、アホか

そもそも、なんで侍を雇うんだ?野武士対策なのは判るけど、襲われた後で雇っても手遅れじゃん。という基本的な謎も、見たら一発。誰も問題にしない訳だ、そこんところ。納得。

侍は7人じゃなかった。うーむ、見ないとわかりませんね。

真ん中あたりで五分休憩が入る。「休憩」って出る。衝撃的だった。

野武士集団がただの暴力装置で単なるモノ。

ぜんぜん長く感じない。恐ろしいことに、中ダレしない。グイグイ見ちゃってるうちに終わる。

あんまり楽しい感じで終わらない。これもビックリ。


なんつーか、面白い以外の感想が出ない。
細かい事言い始めたらキリがないけど、泣けるし、笑えるし、ハラハラどきどきするし、娯楽映画として素晴らしい。もう、それでいいじゃない。見たい人は見ればいいし、見たくない人は見ないまま死ねばいい。

百姓の利吉(土屋嘉男)が、嫁と再会するところが泣けた。
あと侍の久蔵。この人の剣客っぷりにドキドキしちゃった。



スポンサーサイト

  • 2012.12.04 Tuesday
  • -
  • 14:18
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
sponsored links
カウンター
ブログパーツUL5
NINJA TOOLS
ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
忍者サイトマスター
BossaBooks
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM